Wallet Guide

ぴったりのウォレットが見つかります

フラットなカードホルダーから、持ち運びできるファイルキャビネットのように広がる財布まで。あらゆるサイズをご用意しています。財布はトレンドを無視するのが一番。そんなあなたのために、ウォレットガイドを作りました。

ジッパーウォレット

たくさんのものが収納できるジッパー付きのウォレットは、開くとまるでファイルキャビネットみたいです。シン、スモール、ロングの3サイズと、ディアスキン、ゴートスキンの2つの素材からお選びいただけます。

ディアスキンとジオロジーゴートスキン

ディアスキン

鹿革特有の繊細なテクスチャーとベジタブルタンニンなめしによって生まれた、小石(ペブル)のような表情のペブルディアスキン。非常に柔らかく、強くて美しい革です。その秘密は、繊細な繊維が緻密に結合した、鹿革特有の繊維構造にあります。 傷が付いても目立ちにくく、使い込むほどに味が出ます。

ジオロジーゴートスキン

この山羊革の表面は、小さな山あり、谷あり、川あり、まるで遠くから見た地球の表面みたいです。鞣しの工程で、革の目をギュッと詰まらせて、シボといわれる風合いを生み出します。ふつう、革は縮むと小さくなるものですが、ポイントは、しなやかさを失わないようにすること。それでいて、ずっしりしていて、耐久性にすぐれていなければいけません。ナチュラルな縮みならではの、不ぞろいな質感、色。ひとつとして、同じものがありません。しなやかなゴートスキンは使い込むほどに風合いを深めます。

スモールウォレット

私たちは長年、小さな財布を作り続けてきました。携帯性に優れ、見た目もスマートな印象のスモールウォレット。ポケットに入れてもかさばらないので、持ち歩きやすく、旅行やちょっとした外出にも便利です。ポスタルコには様々なスモールウォレットがあります。

カードホルダー

一枚の革でくるまれた向かい合わせの2つのポケットからなるカードホルダー。ビジネス用のカードケースとしてだけでなく、定期券やカード、お札を入れてスリムな財布としても使えます。

フラットウォレット

4つのポケットを備えた、ポスタルコで最も薄い財布です。少ない枚数でも落ちにくいように工夫されたポケットには、カードは10枚収納可能。クロスグレインレザー、カーフスキン、ピッグスキンの3種類の革を使用。革の切口は、手作業で裁断され磨かれています。

カード&コインウォレット

小さいのにカードやお札、小銭もたくさん入ります。コインポケットに小銭を入れないときは、カード入れにもできます。見た目はコンパクトですが、札入れは日本の一万円札がぴったり収まります。

ミニウォレット

IDカード、クレジットカード、コイン少々、折りたたんだお札数枚がスリムなケースに入ります。丁寧な手作りで、とても薄いのに、しっかりとした質感です。ジッパーポケットに鍵やコインを安心して収納できます。

フルムーンウォレット

柔らかな素材の円型のウォレット。片面にカードや紙幣を入れるスナップポケット、もう片面にはコイン入れのジッパーポケット、その内側には小さなキーリングと、収納力の高いウォレットです。

ロングウォレット

大容量のウォレット。コイン、お札、カード、通帳、レシート、ちょっとしたメモ等を細かく区分けして収納できます。シンプルで飽きのこないデザインです。

ロングウォレット

外側はシンプルで、中に蛇腹式ポケットが付いています。3つのポケット、カード入れ、そしてジッパー付きのコイン入れ。メインポケットにはお札を分けて収納出来ます。通帳も一枚であれば収められます。
スイス製のジッパーは、ジッパーの歯がよく磨かれていて、開閉がスムーズです。

トリプルケース

楮の樹皮の繊維を主材料とする和紙素材であるファーマーズフェルトを使用したウォレットです。現金、カード、小銭を収められるように3つのポケットがあります。お札の他にもパスポートや通帳も入れられます。

エンベロープ

プラスティックや紙製のクリアファイルは、消耗するとボロボロになってしまうので、使えば使うほど愛着が湧くような丈夫な書類入れが欲しかったのです。そこで、革と布を素材にして、ボタンに紐を巻いて閉じる封筒をこしらえました。

ポストカードウォレット

レシートやメモをまとめて入れておくことができるので、バッグの中でものをスッキリ整理するのに便利。小さなサイズなのでいろいろなバッグに収まります。3つの大きなポケットと内側に名刺サイズの小さなポケットが付いています。

トラベルウォレット

展覧会のチケットやメモなどを、まとめて入れておくことができるのはもちろん、A4書類を3つ折りにして入れておけます。スマートフォンも入るので、身の回りのものを整理しておくのにぴったりです。バッグの中でものをスッキリ整理するのにも便利です。

オリジナルのハトメボタン

オリジナルのボタン留めは裏側に段差があり、紐を掴んでしっかりと留めるようになっています。

後ろ側には、ペンを挟んでおくことのできる幅広のペンホルダーがつけられています。