スリーパック LT

Hammer Nylon
$614.00
No.84026
29 x 44 x 18.5 cm / 11.4 x 17.3 x 7.3"
スリーパックは、ブリッジバッグシリーズの中型バックパックです。
ポスタルコ独自のブリッジ構造を応用し、フレームを使わずに背中から離れにくいバックパック。3つの大きな独立した仕切りがあって、ものを取り出しやすくなっています。ショルダーストラップは本体の底までつながる構造で、しっかりと荷物を支えます。容量21リットル。日本製。
素材

ライトハンマーナイロン

ライトハンマーナイロンとは、ハンマーで叩いたような見た目からつけられた名前です。軽くてタフなものをということで開発されたものです。ハンマーナイロンのようにサラッとしたドライな肌触りですが、毎日使うバッグのためにしなやかで扱いやすくなっています。自然の風合いを持ちつつ、耐久性に優れ、撥水加工してあるので雨の日でも使えるナイロン地です。日本で、独自の製法により少量生産された生地です。

植物なめしの牛革

革を堅牢にするためのシュリンク加工を施しています。これは革の表面を収縮させる古くからの加工法のことです。革の繊維の目がつまることで、表面にシボ(しわのような凹凸)が生まれ、自然な革の表情が出てきます。シボは革の部位によって、その出方が異なります。

革の染色方法について

一枚の革の中でも、場所によって色や質感にバリエーションがあります。革の表面を均一にするために、顔料で塗装する方法が一般的ですが、残念ながらこの方法は革の自然な風合いを損ない、長期間使用すると塗装がはがれてきます。ポスタルコの革の色付けには染料染めを採用しております。革の表面の味を生かす染料でオリジナルカラーに染めてあるため、使い込むほどに風合いが増していき、経年変化を楽しめます。革には一枚ずつ違った表情があります。縞の色むらの様に見えるのはトラと呼ばれる革の繊維の模様です。この柄はひとつとして同じものがありません。自然な加工法の丈夫な革ですので手入れをすることにより長期間使用することができます。

ケア方法
お使いいただくうちに、革の色が落ちる可能性があります。特に湿った場合、他の衣料に革の色が移ることがあるのでご注意ください。濡れた場合には乾いた柔らかい布でやさしく押すように拭いてください。その後、革・布用の撥水スプレーを生地に使用する事で撥水機能を回復させる事ができます。表面が乾燥してきたら透明なデリケートクリームでお手入れできます。生地の汚れが気になる場合は部分クリーニングに出すか、軽く湿らせた柔らかい布で拭いてください。水洗い及び乾燥機は使用しないでください。
ギフトラッピング

ギフトラッピング1点につき、350円で承っております。ラッピングをご希望の商品と、こちらを一緒にご購入ください。
商品の形状によっては、紙袋にリボンとシールのギフトラッピングの場合もございます (紙袋の印刷には、リサイクルした再生植物油のベジタブルインクを使用しています)。ラッピングの形式は、お選びいただくことはできませんので予めご了承ください。
複数点まとめてや、一部の商品のみのラッピングをご希望の際はショッピングバッグの備考欄へご記入ください。お選びいただいた商品に合わせてラッピングをご用意させていただきます。

備考欄への記入例
・ノートブック(ライトブルー)と(ダークブルー)をまとめてギフトラッピング
・ノートブックA6 とA5をまとめて、バッグを個別にギフトラッピング希望。など

明細書について
ギフトラッピングのご希望をいただいた場合は、金額が記載されていない明細書を同梱いたします。

ご配送方法について

日本国内へのお届けは、ヤマト運輸の宅急便にて発送しております。
ご注文金額が送料を含まず11,000円以上の場合は、送料無料でお届けします。
ご注文金額が送料を含まず11,000円未満の場合は全国一律750円かかります。
一部商品のみ、ポスト投函にて配達されるネコポス・クリックポスト(一律380円)のご利用が可能となっております。
ご購入商品がポスト投函配達対象の場合には、ご注文時に配送方法の選択画面よりお選びいただけますが、
サイズ等により、ポスト投函が難しい場合は、宅急便での発送となります。
ポスト投函をご選択の場合には、代金引換と日時指定には対応しておりませんのでご了承ください。

ご注文日から7日後以降の配送日時をご指定いただけます。ショッピングバッグページ下部の日時指定の選択よりお選びください。
ご発送後、お届け先の変更は出来かねます。予めご了承下さい。
海外発送も可能です。国内発送とは条件が異なりますので、
言語切替えのEnglishを選択の上、ご利用案内をご確認下さい。
離島など地域によっては日時指定を承れない場合がございます。
配送地域、交通、天候などの理由により遅延する場合がございます。予めご了承下さい。

プレス
POPEYE No.812

pen-info

素材は「ハンマーナイロン」というもので、まさにハンマーでたたいたような加工だ。これがとてもハリがあって、荷物を入れずに空っぽ状態でも自立してしまう。リュックにしては少々高めだ。ただ、これまで使ってきたポスタルコ プロダクトは長く使えるという印象を持っている。一番長いもので、「リーガルエンベロープ」はすでに12年目を迎えている。長く使えると共に深い味わいが出てくるのも魅力だ。きっとこのリュックも10年くらいは軽く使えると思う。それを考えれば決して高くはない。いい買い物をしたと大満足している。
pen-info より
pen-infoから許可をいただき掲載しています。

OCEANS No.112

3つの大きな独立した仕切り
大きなバックパックになにもかもを収納すると、まるで魚でいっぱいのカゴのような状態になって、ほしいものが取り出しにくくなります。このバックパックは、3つの大きな独立した仕切りがあって、ものを取り出しやすくなっています。

クッションポケット
一番大きなメインポケットにはPCや書類などが収納できるスリーブ付き。衝撃防止のためクッション性をもたせています。
Mac Book Pro 16インチがフィットするクッション付きスリーブ、ジッパーポケット、ペン用ポケット付き。

外ポケット
外ポケットは箱のような二階建ての構造にすることで、メインポケットに荷物を詰め込んでもつぶれずにスペースを確保できます。

ブリッジ構造
構造がしっかりしていないバックパックによくある問題は、重い荷物を入れたとき、バックパックと背中の間に大きな隙間が出来てしまうこと。この問題を解決するためにはフレームや分厚いクッション材を入れる方法が一般的ですが、それではバッグの中の貴重なスペースが奪われてしまいます。このバックパックはポスタルコ独自のブリッジ構造を応用し、フレームを使わずに背中から離れにくい仕組みを考えました。ショルダーストラップは本体の底までつながる構造で、シッカリと荷物を支えます。

心地よいハンドル
手持ちしやすい2本の肉厚な革のハンドルと、手袋をしていても掴みやすい革のジッパープル。

上部のポケット
バッグの上部には、お財布やスマホなどの必需品を収納できる大きめのファスナーポーチがサッと入ります。

橋について
エッフェル塔をつくったエッフェルは、橋梁のスペシャリスト。高い塔を建てるのに、橋をつくる技術を転用しました。まさに、横のものを縦にする発想のシフトです。ポスタルコも、橋の構造が「重さを分散させて」いることに注目して、その強度とバランスをバッグに応用。内部に吊り橋の形に沿ってストラップを張り、耐久性を強化しました。「運ぶ」ということでは、ふたつには共通点があるからです。橋桁のように、バッグの力学が見てとれます。

時代や文化が異なっても、人はそれぞれ背中で運ぶ方法を見出してきました。

人間はハンドル(持ち手、とっ手)を手に合うようにデザインしますが、逆に手そのものは実にフレキシブルで、どんな形状もつかむことができます。

海中のタコを見ると、泳いでいる手のようにしか思えません。人間の手とタコはものとしては全く違いますが、形状は類似しています。頭から広がる様に伸びていくタコのからだは、小さい場所に潜り込む際に役に立ちます。同じく人間の手も、日常に触れる道具やものなどに合わせ、さまざまな形を表現することができるのです。

100年経っても、人の運び方は基本的には変わりません

背中に小さな家をしょってるような気がしたことがありませんか?
パックパックには色んなものが入っています。飲み物、食べ物、書くもの、着替えも入っているかもしれません。まるで小さな家を運んでいる様な気分です。

人間の身体は不完全
マーシャル・マクルーハンは、われわれのまわりにあるモノは、身体の延長であると書いています。車輪は足の延長であり、声の延長が電話であり、帽子は髪の延長であると。私たちが身体に付け加えるモノは、欠如を補完するものだと。私たちの身体は、いつかパーフェクトになるのでしょうか?

ライトハンマーナイロン
ライトハンマーナイロンとは、ハンマーで叩いたような見た目からつけられた名前です。軽くてタフなものをということで開発されたものです。ハンマーナイロンのようにサラッとしたドライな肌触りですが、毎日使うバッグのためにしなやかで扱いやすくなっています。自然の風合いを持ちつつ、耐久性に優れ、撥水加工してあるので雨の日でも使えるナイロン地です。日本で、独自の製法により少量生産された生地です。

日本に学ぶこと
日本の職人さんや小さな工房でつくられるものは、ほかにはどこにもない無二のものです。わたしたちは幸運なことに、ものづくりに専念している人達とコラボレーションをしています。ポスタルコの製品は、棚や戸棚にしまってしまわずに毎日使ってこそ、その美しさがきわだちます。家ではよくなじみ、ミーティングでは力を発揮します。